2005年05月04日

タイムライン

timeline.jpg

見逃したまま忘却の彼方へ追いやられていました、この映画。
見れて良かった〜!とっても面白かったです。
しかもタダ見だし・・・(「Gyao」最高!)満足感w

最近中世モノの本を読んだりしているので、無条件で時代背景も楽しかったのですが、学生達が時空間転送装置(いわゆるタイムマシンやね)で飛ばされて戻ってこれなくなった父親を探しに行くという設定が面白かった。
行き着いた先は英仏100年戦争真っ最中の血の臭いのするフランス。
剣を振りかざす兵士だか傭兵達には追い回されるし矢は飛んでくるし、父親だって助けてる場合じゃないのに歴史的に死ななきゃならない女は助けるし、なにより時間内に現代に戻ってこなきゃいけないしで全編ハラハラし通し!
歴史的背景が分からない人(私も含む(´-ω-`))でも、アクション映画として楽しめるとおもいます。
ただ、こういう中世時代モノとかホラー映画とかもそうだけど、出ている俳優さん達がイマイチ有名じゃないんだよね。原作はマイケル・クライトンで本当に面白いのですが、何かどこかで損してるような。監督はリチャード・ドナー。悪くないよな〜。
もっとヒットしても良かったのにー。

アクションの他にはロマンスの要素もあり。
歴史的一夜のカギとなる「レディ・クレア」と恋に落ちるジェラルド・バトラー、素敵でした〜。ちょっとムサいけどな。ホントに学生かよ、みたいな・・・。


「タイムライン」2003アメリカ
原作:マイケル・クライトン
監督:リチャード・ドナー
出演:ポール・ウォーカー
   フランシス・オコナー
   ジェラルド・バトラー











posted by いんげん at 17:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。