2005年05月06日

マイ・ボディガード

01.jpg

暗い!
誰ですか、「レオン」みたいな作品って言ったの。
全然違うよ。恋物語じゃないってんだ。

原題は「Man On Fire」。復讐に「燃える男」なのでした。

なんだかなー。
ハードボイルドっつーか、なんつーか。
ある意味ツッコミようがありません。
アル中で孤独なデンゼル・ワシントンが9歳の女の子のボディ・ガードになる。
少しずつだけど、心を開いていくデンゼル君。
しかし、その女の子ピタが誘拐されてしまいます。(この役立たずめ〜!)
その後身代金の取引に失敗、ピタは殺されたとの知らせ。
怒るデンゼル君。「おまんら、許さんぜよ!!」

元特殊部隊に所属していた設定の為、武器の調達がお早い。
誘拐に関わった人物を残酷にやっつけるデンゼル君。指チョンパー。怖いです。
結局ピタは生きていたんだけど(ありがち。アメリカ人は子供の死に敏感だからねぇ。)、それを知る前に、誘拐に関係していたピタの父親に自殺をやんわり促して殺しちゃったり。
私刑ってホント、無茶苦茶ですな。

こういうハードな映画って知って見てたら、もっと感想も違ったかも。
だから誰ですか、「レオン」みたいな作品だなんて嘘を教えたのは!!

あとピタの父親役、サルサ歌手のマーク・アンソニーだったんですね。
サルサ聴いてて知らない人はいないでしょうが、こんな顔だったけ?
どう見てもウィレム・デフォーつながりにしか見えませぬ。歌うととろける位甘い声なんだけどねーって、どうでもいいか。

マイ・ボディガード」2004アメリカ
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン
   ダコタ・ファニング
   クリストファー・ウォーケン















posted by いんげん at 20:20| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。