2005年04月26日

Mr.インクレディブル

incredibles-2.jpg



文句なしに面白かったです。動物でも怪物でもなく人間物(ヒーローだけど)って事で、正直そんなに期待してなかったんだけど。でもさすがはピクサー、裏切らないですねー。
CGアニメがどうこうっていう事より、この作品はストーリーが面白い!
そして何よりキャラクターがイイんです。

20050120001pm00001viewrsz150x.jpgまずヒーローが世間から煩わしがられているっていうのが架空の中のリアリティ。
ヒーロー物の正義に犠牲は付き物。
それで世間から迫害されるなんて、ヒーローも大変なんだなぁ・・・と、つくづく思ってしまった。



ヒーローだって一般社会に入ると普通の市民と変わらないわけで、クレディブルも例外なく手のかかる子供3人のイケてないお父さんだったり。
しかし奥さんも元ヒーロー。一家全員が特殊能力の持ち主。
特に面白くて可愛かったのが、インクレディブルのワルガキ息子、ダッシュ。彼の特殊能力は、とにかく早く走れる事。絶対にアラレちゃんの「キィーーーーーン」どころでは無いと思われ。
1154109633.jpg その足で敵から逃げる逃げて煙に巻く様子は、トムとジェリーの追いかけっこをひたすら見ているようで爆笑ものでした。お姉さんのバリアに入ったまま逃げる様子はハムスターボールに見えたりw
もっとも、もっと有り得なく面白かったのはお母さんの柔軟すぎる体。怪物くんみたいに手足が伸びるだけじゃないんだもん。パラシュートになったりボートになったり。
マヌケすぎ〜。そんな母親の姿など見たらグレそうだよ。

スピード感があったし、アニメならではの世界をとことん楽しめた作品でした。
あと、マントを付けたヒーローは実はイケてない事も分かりましたw

 「Mr.インクレディブル」 2004アメリカ

監督:ブラッド・バード
 声:クレイグ・T・ネルソン
   ホリー・ハンター
   ジェイソン・リー
   サミュエル・L・ジャクソン










posted by いんげん at 02:17| Comment(1) | TrackBack(13) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

アンドリューNDR114

ph_intro_2.jpg



観るまで何となくバカにしてました。すまねぇ・・・。
だって見た目的にロボットのフリをした人間なんだもん。動きとかも。
本当は人間になりたいロボットの話なのにね。

ph_intro_2.jpg内容も何か事件が起こるのかとズーーッと待っていたんだけど何も起こらず。でも、かえってそれが良かったり。
人間の感情を欲するロボットのアンドリュー(ロビン・ウィリアムズ)の200年にわたる人生(?)を、描く愛のドラマなのでした。
あんなにしなやかに動けるロボットなのに、見た目が超合金みたいなのってどーよとか思いましたが。観ていくうちにそれを超えるモノがありましたねー。
ラストは涙ホロリでした。

ph_story_3.jpgちょっとうれしかったのが発明家役でオリバー・プラットが出てきたこと。
安心感のある演技というか役柄が多い俳優さんですが、今回もホノボノさせてくれました。








アンドリューNDR114」 1999アメリカ
監督:クリス・コロンバス
出演:ロビン・ウィリアムズ
   サム・ニール
   エンベス・デイビッツ
   オリバー・プラット
























posted by いんげん at 01:19| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

セルラー

cellular.jpg

冒頭3分で誘拐事件発生。はやっ。
火サスより展開早いんですけど。

なんだかB級チックな臭いを感じてしまったのだけれど、逆にリラックスして楽しめました。おや・・・キャッチコピーは「1秒毎に襲いかかる危機!息もつかせぬ謎の連続!」だた・・・('A`)
うーん。そこまで緊迫はしてないような。いわゆる巻き込まれ型のサスペンスというか半分アクション?なので「あれよ、あれよ」な感じがおかしかったり。
しかも「あれよ、あれよ」なのは誘拐されたキム・ベイシンガーじゃなくって壊れた電話から偶然携帯につながったクリス・エバンスの方。
監禁されて身動きの取れないベイシンガーに「あれやって、これやって!ついでにあそこに行って!」と遠隔操作される始末。ハチャメチャです。
最後がハッピーエンドじゃなければ、顔も分からないオバサンからの電話に一生を台無しにされるところですよ、あなた。アハハ。

題材的には、社会に必要不可欠になった「携帯」を扱っていて「今っぽさ」を出しているのかもしれないけど、事件の発端になっているのは、一般市民が偶然撮影した警察の悪事。
これってビデオカメラが普及した何年か前に、警察の暴力行為を市民が撮影してテレビ局に流したりしてた社会現象じゃない?
と思ったらネタ的に古いような気がしてきたり。
映画としては面白かったですけどね。

因みに。悪徳警官役のノア・エメリッヒが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の悪ガキに見えて仕方がないのは私だけでしょうか・・・('A`)

CELLULAR2.jpg
セルラー」 2004アメリカ
監督:デヴィッド・R・エリス
出演:キム・ベイシンガー
   クリス・エバンス
   ウィリアム・H・メイシー
posted by いんげん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

エターナル・サンシャイン

small_1113898213.jpg 
「サヨナラの代わりに記憶を消した」

忘れられない記憶を消す為に、恋人の思い出を消したり消されたり。
なんだか切なくてキュートでラヴリーな映画でした。
私がそう思う映画って少ないから貴重!w

あまり恋愛映画って好きじゃないのに、冒頭から、この映画好き!って思った。
何といってもジム・キャリーの「素」な雰囲気がいい!さらさらヘアーに無精ひげ、地味な服装で真面目な青年を演じてるんだけど(このうだつの上がらなさ加減はビル・プルマンに匹敵)、
そこに破天荒と言うか変わり者のケイト・ウィンスレットの大胆さを誠実に受け止めていて、男の人のいじらしさが見えた。ような気がした。
最初はね!

ジワジワ心にくると思っていたストーリーは次第に訳ワカメw
記憶操作って・・・これファンタジーですかい!
と思ったら脚本は「マルコビッチの穴」の人でした。ナルホドーなの。
後半にはジム・キャリーの顔面凶器もチラホラ登場してw
面白かったです。

middle_1113899083.jpg 
それにしてもケイト・ウィンスレット、演技上手いっす。「タイタニック」では余り好きになれない女優かと思ってたけど、この映画ではあまりにヘンすぎて笑ってしまった。可愛かったです。
顔デカイけど。
もう一人、キルスティン・ダンストが出ていますが、こちらも「スパイダーマン」の時の似合わない赤毛の時と違って非常にチャーミングに見えました。自分の中で要チェックな女優さんになったかも。
次回作は私の大好きなキャメロン・クロウ監督作品だそうで。楽しみです。

それにつけても何故にイライジャ・ウッドを起用したのか不明。もったいない。

middle_1113903930.jpg
エターナル・サンシャイン」2004アメリカ
監督:ミシェル・ゴンドリー
脚本:チャーリー・カウフマン
出演:ジム・キャリー
   ケイト・ウィンスレット
   キルティン・ダンスト
   イライジャ・ウッド
posted by いんげん at 05:45| Comment(3) | TrackBack(9) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

オーシャンズ12

small_1113734557.jpg
やっぱり続編物って面白くないんだなぁ。つくづく実感しますね。
オーシャンズ11は本当にカッコイイ映画だなと思い、すっかり主人公(誰が主人公ってこともない映画だけど。)ダニー・オーシャンのファンになってみたのに。
なんかキレが感じられなかったな〜。会話ばっかりなんだもの。タランティーノ作品を思い出す。

small_1113735019.jpg (←女抜き。オーシャンズ10!)

やっと面白くなってきたのは後半1時間。ジュリア・ロバーツがジュリア・ロバーツのそっくりさんを演じて(訳がわからんw)みたり、あげくに全員逮捕されてしまったり。でも全体通しては間延びした感が否めませんでした。楽しみにして観たのに・・・orz

small_1113735243.jpg「俺ってマジに50歳に見える?」
いやいやいや。そんな事はないけど。でもブラピと2歳しか違わない様には見えませぬw




middle_1113736466.jpg 
 (←来日したオーシャン神父w)

なんだか最近ジョージ・クルーニーが気になってます。12を観たからじゃなくって、あくまでも11を思い出しているのですがw
とは言え過去の出演作品を振り返ってもイマイチ印象に残ってなかったり。「オー・ブラザー!」は良かったけどね。
やっぱり私はクルーニーじゃなくてダニー・オーシャンが好きなのかもしれぬ。
2000年に入ってからは製作にもかなり力を入れているようであります。製作って、資金集めとか裏方的な仕事が多くて演じるより結構エネルギー使いそうだし、大変ね・・。


オーシャンズ12」2004アメリカ
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー 、ブラッド・ピット 、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、アンディ・ガルシア
 
small_1113737412.jpgsmall_1113737430.jpg
サントラだけは(・∀・)カコイイ!!

posted by いんげん at 05:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。